>  > イナバ物置 ガレージ車庫 ガレーディア GRN-2642 ハイルーフ (2台収納タイプ) 豪雪地型

(2台収納タイプ) ガレージ車庫 ハイルーフ GRN-2642 豪雪地型 イナバ物置 GRN-2642 ガレーディア ガレーディア

病害データ

病害レポート

メロンえそ斑点病

1959年に静岡県の温室メロンに発生し、その後北海道から沖縄まで全国で広く発生している温室メロンでは問題の病害である。本病は土壌伝染、種子伝染及び汁液伝染する厄介なウイルス病である。メロンのほか発病するものとしてスイカがある グッドイヤー EAGLE イーグル LS EXE サマータイヤ 225/35R20 RAYS GRAM LIGHTS 57FXX CJ SPEC 20 X 8.5 +38 5穴 114.3 。スイカの果実に発症すると、果実の輪切り面での病徴が最近問題のスイカ果実汚斑細菌病やスイカ緑斑モザイク病の病徴によく似ている。

発生の生態
病原菌
病徴
  • 全生育期間を通じて、植物体各部に特徴的な症状があらわれる。
  • 小型点型:主に土壌伝染の全身感染に伴って発生する。茎頂付近の葉に黄褐色の微細な斑点を生ずる。
  • 大型斑型:主に管理作業に伴う汁液伝染によって発生する症状で、成葉の葉縁から葉脈に沿って黄色ないし褐色に枯れこむ。
  • 鳥あし型:茎の地際部が鶏の脚状に褐変する スタッドレスタイヤ ミシュラン エックスアイス XI3 155/65R13 73T & スマック VI-R 4.0-13 タイヤホイール4本セット 155/65-13 MICHELIN X-ICE XI3。
  • 茎えそ:茎に現れる不整形のえそ。
  • 果実玉えそ:幼果に円形のえそ斑。

生活様式
  • 本病原ウイルスは種子、土壌及び汁液(接触)で伝染する。
  • メロンえそ斑点ウイルスの付着した、オルピディウム・ククルビタセラム(かびの種類)の遊走子が根に侵入することで病原ウイルスが感染する。
  • 種子伝染の場合は、オルピディウム・ククルビタセラムが付着したメロン種子を播種すると伝染が起こる。所謂、媒介者依存型種子伝染である。
  • 土壌伝染は本病の主な伝染経路で、発病土壌にメロンを播種したり、苗を定植したり、汚染土壌が付着した資材などを用いて栽培すると、根部でオルピディウム・ククルビタセラムの媒介により感染・発病が起こる。
  • 病原ウイルスによる汚染土壌は10ヶ月近く伝染力を保っている。
  • 汁液(接触)伝染は発病株のある圃場で、芽かき、誘引、施肥などの管理作業や畝間の歩行などで作業者が茎葉に接触したり汁液に触れて感染・発病する。
  • 本病は土壌の過湿、土壌pHが高く、低温、日照不足などの条件では発病が助長される。
  • 診断法としては、成葉の葉脈に褐色の樹枝状の大型病斑や幼葉に小斑点が認められればえそ斑点病と診断してよい 【送料無料】 215/50R17 17インチ PANASPORT パナスポーツ フォーミュラワン/C8FE 7J 7.00-17 SAFFIRO サフィーロ SF5000(限定) サマータイヤ ホイール4本セット。特に、大病斑は特徴があるために診断のきわめて有力な手段となる。
  • 病葉をメロンの子葉に接種すると4~5日後に局部病斑を生ずる。
防除のポイント
  • 基本的な防除法としては、本病は土壌中のオルピディウム菌の媒介で伝搬されるので、媒介者であるオルピディウム菌除去の対策を考える。
  • 種子は健全株から採集し、汚染の恐れがあるときは予備乾燥後、70℃・72時間の乾熱処理を行う。
  • 育苗土、本圃土壌は蒸気消毒を行う。
  • 栽培資材は清浄なものを使用する。
  • 発病圃場での連作は避ける。
  • できる限り微酸性になるよう、不必要な石灰資材の施用を避けて、硫安、過石、硫加など、生理的酸性肥料を施用する。
  • 農作業は露が乾いてから行い、接触伝染を防止する。
  • 収穫後の残渣は乾燥させて焼却処分する。
  • 汚染圃場からの雨水や用水の流入を防ぐ 18インチIS30系 IS350ENKEI パフォーマンスライン PF01 マットブラック 8.0Jx18ADVAN ネオバAD08R 225/40R18。

このページに掲載のイラスト・写真・文章の無断の転載を禁じます。
全ての著作権は株式会社武蔵野種苗園に帰属します。

イナバ物置 ガレージ車庫 ガレーディア GRN-2642 ハイルーフ (2台収納タイプ) 豪雪地型

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-36003