>  > ブーフー ジャージ メンズ【Boohoo Skinny Fit OTH Hooded Fleece Tracksuit】taupe
コンビ 【おむつ肌着洗い 液体タイプ】 800ml×12本

ブーフー ジャージ メンズ【Boohoo Skinny Fit OTH Hooded Fleece Tracksuit】taupe

ブーフー ジャージ メンズ【Boohoo Skinny Totem Fit IN OTH Hooded Fleece Tracksuit】taupe

Hooded Fit メンズ【Boohoo OTH ブーフー Fit Skinny Skinny ジャージ Fleece Tracksuit】taupe

0120-005-576(平日:10:00-18:00)

お得がいっぱい!マンスリーマンションの料金(賃料)のしくみとは?
2017.01.19

マンスリーマンションの料金体系って?何がどうお得なの?マンスリーマンションにはまだあまり馴染みがなく、契約するのが不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事では、マンスリーマンションの料金(賃料)のしくみを徹底解説していきます!マンスリーマンションのお得ポイントを知ったうえで、ぜひご自身に最適なお住まいを見つけてみてください!

 

目次

1. 一般賃貸とマンスリー、どう違うの?

まず、一般賃貸マンション・アパートとマンスリーマンションの違いはご存知でしょうか?ここでは、マンスリーマンションの3つの特徴と、一般賃貸とマンスリーでは実際どのくらい料金に差が出るのかをご説明いたします。

マンスリーマンションの3つの特徴

必要なときに必要な期間だけでの契約が可能!

一般賃貸マンション・アパートは、基本的に2年契約となっています。もちろん必ず2年間住まなければならないというわけではありませんが、途中で解約すると解約金が発生してしまう場合もあります。
この点、マンスリーマンションは、入居者様にとって必要な日数だけでの契約が可能です。出張中の1か月だけ、観光の拠点として2週間だけ、など必要な期間だけでの契約が可能であるため、無駄なお金を支払う必要がありません。

敷金・礼金・仲介手数料が不要!

一般賃貸マンション・アパートの契約で多くの人が頭を抱えるのが敷金・礼金です。一般的に、敷金は家賃の1か月~多くて2か月分、礼金は家賃の1か月分、それに加えて仲介手数料も必要になります。新たな住まいに胸を躍らせるのも束の間、初期費用の捻出に頭を悩ませる方が多いのではないでしょうか。
この点、マンスリーマンションは、敷金・礼金・仲介手数料が不要です。初期費用を安く抑えられることがマンスリーマンションの大きな特徴といえます。

さらに、家具家電もついている!

一般賃貸マンション・アパートでもう1つ問題となるのが引っ越しです。一から家具家電を買い揃え、引っ越し業者に頼むとなると、その分初期費用が高くついてしまいます。家具を組み立てたり、移動させたり…それだけでも忙しい方にとってはストレスですよね。
この点、マンスリーマンションは、必要最低限の家具家電が備え付けられています。これらの家具家電は入居日からすぐ利用可能で、気軽に住み始めることができます。物件によってはインターネット費用込のところもあるため、面倒な手続きなども省くことができるでしょう。

実際、どのくらい料金に差が出るの?

それでは、実際に一般賃貸マンション・アパートとマンスリーマンションでは料金にどのくらい差が出るのでしょうか?東京の1R、1Kをモデルに料金を比較してみましょう。

ご利用期間が1か月の場合は、マンスリーマンションの方が61万9000円もお得なことがわかります。また、ご利用期間が1年の場合も、マンスリーマンションの方が5万8000円お得なことがわかります。つまり、1年以内の短期間であれば、初期費用がおさえられる分、マンスリーマンションの方がお得であるということです。
しかし、マンスリーマンションは月々の料金が一般賃貸マンション・アパートよりも高く設定されていることが多いため、1年以上の長い目でみると一般賃貸マンション・アパートの方が結果的には安くなります。
 

2. マンスリーマンションの料金体系

ここまでで、一般賃貸マンション・アパートとの違いや、1年以内の契約であればお得なマンスリーマンションについておわかりいただけたでしょうか?
ここでは、マンスリーマンションの料金体系について詳しくご説明いたします。

ご利用料金の内訳

マンスリーマンションのご利用料金は、基本的に日数計算によって算出されます。
1日分の賃料、光熱費、管理費にご利用日数をかけ ラルフ ローレン メンズ トップス パーカー【logo-embroidered tech-jersey hoody】Light sport heather、そこに初期費用として必要な契約手数料と退去後の清掃費をプラスした金額が料金となります。

ご利用料金の内訳
{ 賃料(1日分)+光熱費(1日分)+管理費(1日分) }×利用日数+契約手数料+退去後の清掃費

賃料

マンスリーマンションの場合、1日当たりの料金が記載されていることがほとんどです。同じエリア内でも、お部屋の広さや立地、築年数などによって物件ごとに異なるので、お好みの物件をぜひ探してみてください。

光熱費

マンスリーマンションの場合、光熱費は実費(入居者様が実際に使用した量に応じた費用)ではなく、1日当たり定額の光熱費が設定されていることがほとんどです。物件にもよりますが、全国どこでも、1日当たり800円前後の料金設定が多いです。しかし ヴィゴス VIGOSS メンズ ボトムス・パンツ ジーンズ・デニム【Keith Skinny Fit Jeans】Blue Haze、過度の使用によって、運営会社様が指定した基準量を超えてしまうと、別途光熱費を請求されてしまう場合もあるので SOUTHWICK(サウスウィック)/CAMBRIDGE HARRIS TWEED JACKET/grey herringbone、エアコンの使用が増える夏や冬には特に注意しましょう。また、ライフライン(電気、水道、ガス)の契約は運営会社様が一括で行っている場合が多く、入居者様ご自身で契約する必要もないため、手間も省けます。

管理費

管理費※は、主にマンションの共有スペース(廊下、エントランス、エレベーター、ゴミ捨て場など)や建物そのものの維持費、清掃費、修復費などに充てられます。マンスリーマンションの場合、管理費も1日当たりの料金が記載されていることが多いです。
また、物件によっては管理費ゼロというところもあります。もちろんオーナーの方のご厚意で安くしてくれている場合もありますが、管理費ゼロや極端に安すぎる物件は、管理が疎かになっている可能性もあるため、ご契約前に内覧にて状況を確認されることをおすすめします。

※運営会社様によっては「共益費」という呼び方をすることもあります。

契約手数料

契約手数料は運営会社様でそれぞれ異なります。キャンペーンなどで無料になることもあるので、気になる物件がある場合は確認してみてください。

退去後の清掃費

清掃費とは、退去後に専門業者がクリーニングするための費用のことです。マンスリーマンションの場合、お部屋の清掃費は退去時精算ではなく、初期費用としてご入居前に徴収されるのが一般的です。清掃費は基本的に総契約日数より算出されます。また、部屋の契約人数によっても変わる場合があります。(基本的に、入居期間が長期になるほど高く Rockport ロックポート Mens シューズ Style Purpose Wing Tip Oxford Tan Full Grain Leather、人数が多いほど高くなります。)

その他費用

基本的なご利用料金は上記の5つですが、運営会社様によっては保証金がある場合や、寝具代、鍵交換代、解約金などさまざまな名目で費用が発生する場合があります。また 、インターネット費用込のところもあれば、Wi-fiルーター有料貸し出しのところもあるなど、どこまで料金に含まれているかは物件により本当にさまざまです。ご契約前に確認されることをおすすめします。

ご利用期間に合わせた料金プランも!

それでは、実際に料金はどのように決まるのでしょうか?
マンスリーマンションはご利用期間や長さによって料金(賃料)が変わります。期間は基本的に「1か月未満」、「1か月以上~3か月未満」、「3か月以上~7か月未満」、「7か月以上~12か月未満」の4つに区分され、それぞれで料金が設定されます。一般的には「1か月未満」が最も高く、「7か月以上~12か月未満」が最も安く設定されます。

たとえば、上記の物件を40日間で契約するのであれば、「1か月以上~3か月未満」の料金プランが適用されるため、1日当たり5000円となります。40日間の契約なので、5000円×40日間で、賃料が20万円かかる計算になります。
基本的に1日単位での契約が可能であるため、入居者様ご希望のご利用期間に応じて最適な契約が可能です。

再契約で延長も可能!

予定が長引いてしまったのでもう少しここに住んでいたい…!
部屋が気に入ったのでもう少し期間を伸ばしたい…!
などという場合、マンスリーマンションでは再契約することで引き続き同じ部屋に住むことができます。再契約にかかる費用としては、賃料、光熱費、管理費、再契約手数料のみ※なので、新しく家を探したり、引っ越したりする費用と手間が省けます。

※再契約日数によっては清掃費が追加される場合があります。
※料金プランを変更する場合は別途プラン変更費などがかかる場合があります。

保証人は必要?

保証人の要・不要については、運営会社様によってさまざまです。“保証人は必要”としているところもあれば、“保証人は不要だが、ご親族の方の緊急連絡先は必要”としているところもあります。また、“クレジットカードの審査をすることで保証人は不要”としているところもあります。
このように、保証人に関しては運営会社様によって異なるので、各運営会社様までお問い合わせください。

必見!お得に借りるためのヒント

初期費用が抑えられるマンスリーマンション、とても魅力的ですよね。しかし、初期費用が抑えられるといっても、新生活を迎えるにあたっては何かとお金がかかるもの…。そこで、少しでもお得にお部屋を借りるためのヒントをご紹介いたします!

キャンペーン物件

物件情報サイトを見ていると、「期間限定!○○キャンペーン!」などという文字を目にしたことはないでしょうか?運営会社様ごとにさまざまなキャンペーンが存在します。“契約手数料無料”や“3か月間賃料半額”、“月末までのご契約で通常賃料から2000円オフ”などお得なキャンペーンがたくさんあります。
運営会社様のホームページのトップに記載されていることもあれば、物件の詳細ページごとに記載されていることもあります。気になる物件がある方は、ぜひこまめにホームページをご覧になってみてください。タイミングが合えばとってもお得に借りることができるかもしれません!

時期によっては安く借りられる!?

みなさんは安くお部屋を借りやすい時期があることをご存じですか?
賃貸市場は、1年の中で2~3月に大きな動きをみせ、4月初めとピークを迎えます。大学進学や就職が決まり一人暮らしを始める学生の方や、会社の人事異動によって引っ越し先を探す方などが動き出す時期です。この時期には多少高くても借り手が見つかりやすいため、家賃交渉などはしにくいと考えられます。また、9~10月も同様、秋の人事異動や結婚などが増え、賃貸物件の需要が増えるため、安く借りることは難しいでしょう。
それではいつなら安く借りられるのでしょうか?おすすめは、賃貸市場の動きが落ち着いた夏や冬です。2~3月の賃貸市場の波にのれず、4月中旬を過ぎても入居者が見つからなかった物件は、最悪次の年まで入居者が決まらないことがあります。空室のまま放っておくことは大家さんにとっては大損害となるため、家賃を下げてでも入居者を見つけたいと考える大家さんが増えます。そのため、5~8月がもっとも安く借りやすい時期だと考えられます。
また、運営会社様によっては3月~4月の時期にハイシーズン手数料を設けているところもあるため、できるだけ春先の引っ越しは避けた方が費用を抑えられるのではないでしょうか。
 

3. 料金のお支払いについて

実際に料金はどう支払うの?支払いはカードでできるの?など、お支払いについても気になる点があるかと思います。ここでは料金のお支払いについてご説明いたします!

料金は一括前払い制?

マンスリーマンションの場合、料金は基本的に、ご入居前に一括前払い制となっています。そのため、毎月の支払いの煩わしさがないのも1つの特徴です。
しかし、契約期間が長期の場合、ご利用料金は高額となるため、一括前払いは難しいこともあると思います。そのような場合には ハドソン Men Clothing Blinder Biker Skinny Jeans、ご相談いただくことで、月々のお支払へと変更することも可能な場合が多いです。

支払いの方法は?

お支払い方法は、基本的に以下の3種類から選べることが多いです。コンビニ決済、クレジットカード決済なども選べるため、入居者様のご都合に合わせてお支払いが可能です。

① コンビニ決済

土日祝含め、24時間いつでも決済可能です。通勤前やお昼休みなどの空いた時間に、お近くのコンビニからいつでも簡単に決済できます。

② クレジットカード決済

インターネット上でいつでも簡単に決済可能です。クレジットカード会員規約に従ってご契約の金融口座から自動で引き落としとなります。クレジットカードのポイントも貯まるため、さらにお得ですね。

③ 銀行振り込み

支払期日までに、ご利用料金をお近くの金融機関から指定口座にご入金いただきます。
 

4. 契約前に要チェック!料金のからくり

ご契約前に、みなさんにぜひ知っておいていただきたいのが料金のからくりについてです。これを知らないと損をしてしまうことがあるかもしれないので、ぜひ以下をご覧になってみてください!

一見安くみえる賃料も…

みなさんは、物件をお探しの際に、間取りや広さなどの条件は同じなのに他と比べて賃料が安い物件を目にしたことはありますか?そのときに焦って契約をしないようにだけご注意ください。
マンスリーマンションの料金体系でも述べたように、ご利用料金は賃料だけで算出されるわけではなく、管理費や光熱費、契約手数料や清掃費も含めて算出されます。賃料が安いとしても、管理費が他と比べてかなり高く設定されているかもしれません。賃料が他よりも高く記載されている物件は、管理費や光熱費も賃料に含めて記載されている場合もあります。
賃料の記載のしかたは運営会社様ごとに異なるため、単純に賃料だけ、管理費だけ、で判断することはおすすめしません。すべての費用を合計して、最終的にどの物件が良いかを比較してみてください!

消費税ってかかるの?

まず、消費税が課税されるのは、仮の住まいという位置づけの「一時使用目的」である場合です。ホテルや旅館などに宿泊した際、レシートにはしっかりと消費税が記載されていますよね。一方、非課税となるのは「居住用」と認められた場合です。原則、期間が1か月未満であれば「一時使用目的」、1か月以上であれば「居住目的の住宅の貸付」と判断されます。
マンスリーマンションは1日単位での契約が可能ではありますが、基本的には、入居期間が1か月未満であれば消費税課税、1か月以上であれば非課税と考えていただければと思います。
また、消費税についても記載のされ方に注意が必要です。運営会社様ごとに税込表示なのか税抜表示なのかは異なるため、

、ご契約前によく確認されることをおすすめします。
 

5. マナーを守ってトラブル回避!

賃貸で暮らす場合には最低限のマナーはしっかり守るよう心がけましょう!マナーを守らないとのちのちトラブルに発展してしまうことがあるかもしれません。

使い方によっては追加料金も!?

マンスリーマンションでは、光熱費は実費ではなく1日当たり定額の料金が設定されていることがほとんどです。だからと言って水道や電気などを使い放題と考えるのは危険です!過度の利用によって各運営会社で定められた基準使用料を著しく超過してしまった場合には、別途光熱費を請求されることもあります。
また、マンスリーマンションの場合、清掃費は初期費用として徴収されるので、退去時の精算は基本的にはありませんが、入居者様の故意・過失による家具家電の破損や排水管のつまり、たばこのヤニ汚れ、室内備品の持ち出し、ペット禁止物件でのペット飼育などが発覚した場合は別途清掃費を請求されることがあります。
しかし、ほとんどの入居者様は追加料金なしでご退出されているのでご安心ください。マナーをしっかりと守り、無駄な出費を抑え、快適な暮らしをお送りください!
 

6. まとめ

マンスリーマンションは、1年以内であれば一般賃貸マンション・アパートよりも初期費用が抑えられ、安く住むことができます。さらに、家具家電つきのため、引っ越しの費用・手間も省け、気軽に入居が可能です。さらに、必要なときに必要な日数だけでの契約が可能なため、無駄が一切ありません!
マンスリーマンションはお得に、気軽に、入居者様にとって最適な暮らしを叶えられる短期の賃貸マンションといえます。1年以内でのご契約をお考えの方にはぜひおすすめです!

最適な住まいをコンシェルジュに相談

弊社では、入居者様の生活スタイルや、勤務先との距離、ご希望エリアなどを電話でお伺いして厳選した数件をピックアップするサービスを行っています。

ご相談は無料で、お部屋が決まるまでとことんお付き合いいたします。
ワガママをお聞かせください。 →コンシェルジュに相談

検索

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-24099